法人化は売上1000万が目安

個人事業主として働いている人は多いですが、ある一定の金額以上の儲けが出るようなら法人成りをすると税金面で優遇が受けられるのでお得になります。ただ、法人化するのは手間もかかりますし、責任もより大きくなります。あまりにも儲けが少ないなら法人化しない方がいろいろと便利ですから、どの程度の売上が基準になるのかは知っておきたいものですよね。
一般的に個人事業主が法人化するための基準は、年の売上が1000万円を超えたあたりだとすることが多いです。税理士の方に相談をしてみても、おおよそこのあたりの基準額を提示されるケースがほとんどです。なぜなら1000万円を境にして得になるかどうかが分かれる事が多いからです。法人化すると完全に個人事業主としてやっていたころとは税金の払い方が変わってきます。額も違ってくるので、また新しく計算をしなおさなければなりません。
ただ、メリットは非常に多く受け取れるのも法人化です。信用度がアップして、銀行からお金を借りやすくなります。商売はずっとしやすくなるので、1000万円を超えるのであればぜひとも法人化はしておくべきでしょう。売上が増えれば増えるほど、法人化したことの経済的メリットが大きくなっていきます。成功している個人事業者の多くが会社を作ってそこで家族を働かせたりしています。会社化するときには一定の金額が必要になるので、それを楽に払うことができるのも、おおよそこの程度の売上が基準になるのではないかと考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です