個人事業主が年収1000万を目指すには

個人事業主として働いていると会社というバックボーンがない上に保険などの社会保障も手薄になるので、たとえ会社員時代より額面上の収入が多く得られても、社会保障の面が劣ることで実質の収入が減ってしまうということはよくあります。個人事業主で1000万円を稼いでも、会社員時の年収に換算すると700万円ほどにしかならないとも言われたりもします。それだけに個人事業主として働くからにはサラリーマンの平均を上回るために最低1000万円を稼ぐことを目標にしないと独立した意味もありません。
では1000万円以上の収入を定期的に得ていくためにはどのような心構えが必要になるのでしょうか。まずは会社員時代は必要がなかった常に営業をするという意識を持つことです。会社員は降りてくる仕事をこなすのが基本でしたが、個人で働くとなるとそうは行きません。自分で仕事を取ってこないかぎり、収入は0になってしまいます。得意先を独立前に確保しておくのは当然ですが、常に仕事先の新規開拓は行うようにしましょう。
また自分でできる仕事量には限界があります。せっかく会社を離れたのにと思う人もいるかもしれませんが、自分が指示を出す立場として、アルバイトを雇用することも視野に入れましょう。単純作業は人に任せて、自分の生産性を上げるような仕事を多くこなすようにするのです。そうすれば収入を伸ばすための仕事に自分の時間を割けるようにもなしまるし、場合によっては節税効果も望めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です